【口コミ】リセルデリカの高品質な糖質制限宅配食の味やメリットは?

宅配弁当実食レビュー
かおり
かおり

ワンランク上の上質な糖質制限食でボディメイクができるという「リセルデリカ」をお試ししてみました。リセルデリカは、本サイトの糖質制限食ランキング2位、ボディメイク食ランキング3位、国産・無添加宅配食ランキング5位になっています。お味のほどはどうか、詳しく口コミしていきますね。

リセルデリカ(ReCell Delica)の特徴

リセルデリカ糖質制限冷凍宅配食

上質な糖質制限食

「糖質制限」といえば、今やダイエットの代名詞といってもいいほど注目されていますね。糖質制限をウリにしている食品が、数多く出回っています。リセルデリカ(ReCell Delica)も、糖質制限の冷凍宅配食です。

でもリセルデリカの公式サイトを見ると「ワンランク上の糖質制限」と書かれています。リセルデリカのどこが、他の糖質制限食と違うのでしょう?

確かに公式サイトを見ると、オシャレでおいしそうなメニューが並んでいますが、理由はそれだけではありません。

リセルデリカは「食材の質」にこだわっています

例えば、体内の脂肪を燃焼しやすくしてくれる、グラスフェッドバターなどの上質な脂質を使っています。また上質な赤身肉であるグラスフェッドビーフも使用しています。さらに、一部無農薬野菜も取り入れています。

つまりリセルデリカは、低糖質であるだけでなく、ダイエットやボディメイクに効果的で、かつ本当に身体によい食事を届けることに注力しています。

化学調味料・保存料・着色料無添加

リセルデリカの冷凍宅配食には、化学調味料が使われていません保存料・着色料も無添加です

リセルデリカの冷凍弁当に貼られている原材料名のシートを見ると、とてもシンプル!

リセルデリカ原材料名

コンビニでお弁当を買うと、原材料名シールに色々な添加物名がぎっしり書いてありますよね。リセルデリカの冷凍宅配食には余計なものが入っていません。安心して食べられます!

環境にも優しい

リセルデリカの冷凍宅配弁当は、環境にも優しいです。容器に「バガス」という環境負荷の低い再生紙を使っています。食べ終わったら、クシュクシュとつぶして、燃えるゴミとして捨てられます。

この「バガス」という再生紙は、サトウキビ由来の素材なんだそう。そして土の中に埋めると、微生物などによって分解され、自然に還るという、なんともエコな容器なのです。

プランは2つ

リセルデリカの冷凍宅配食は、大きく分けて2つのプランがあります。

低糖質な玄米ご飯つきの「Just プラン」と、ご飯はつかないが、近頃話題のMCTオイルがプラスされた「Just Plus プラン」です。MCTオイルは、脂肪を燃焼しやすい体に変える作用があるのだそう!

リセルデリカ お試し価格(税込)

プランお試し5食お試し10食
Just プラン
低糖質玄米つき
主食を我慢しない糖質制限
5,346円
(1食1,069円)
10,152円
(1食1,015円)
Just Plus プラン
MCTオイル使用
脂肪を燃焼しやすい体に変える
5,832円
(1食1,166円)
11,124円
(1食1,112円)

上記の他に送料がかかります。リセルデリカはちょっとお値段高めですね。

でも後述しますが、実際に食べてみてリセルデリカには他社にはないメリット豊富なことが分かったので、お値段の価値があるなあと私は感じています。

公式サイトはこちら

リセルデリカの口コミ

かおり
かおり

それでは私がお試ししたリセルデリカ(ReCell Delica)の冷凍宅配食について、口コミしていきますね。

私は、「Justプラン(低糖質玄米ご飯つき)」5食のお試しセットを注文ました。

低糖質な食事をしようとする時に一番難しいのは、主食のコントロール。主食を全く食べないのは寂しい。でもせっかく低糖質なおかずを冷凍宅配食で用意しても、自分で主食をプラスして食べ過ぎてしまって、かなり糖質オーバーになってしまった失敗を、私は何度もしたことがあります!

そんな時に助かるのが、主食つきの低糖質冷凍宅配食です!自分で何も付け足さないで、電子レンジでチンしたものを食べるだけでよいので、失敗がありません!糖質や他の栄養素がすべて計算しつくされているので、主食を含め、お弁当全部を安心して食べることができます。

そんなわけで、MCTオイルつき「Just Plus プラン」も気になりましたが、今回は「Justプラン」をお試しすることに。

冷凍宅配食では決められたメニューが届くものもあります。でもリセルデリカでは自分で好きなメニューを選べますよ。これは嬉しいですね♪

リセルデリカの冷凍弁当は、クロネコヤマトのクール便で届きました。配達日時と時間の指定ができたので安心でした。

リセルデリカクロネコヤマト段ボール

開けてみると、お弁当5個がぴったり入っていました。これなら到着までにぐらつかなくていいですね。

クロネコヤマト段ボール

冷凍宅配弁当を注文するときに一番心配なのが、冷凍庫のスペースです。リセルデリカ5食を重ねてみました。すると、約17cm × 23cm × 17.5cm ほどでした。「わりとスッキリしてる」というのが私の印象。

リセルデリカ5食を重ねた

リセルデリカのお弁当容器は決して小さくはありません。冷凍宅配弁当の中で、標準的な大きさです。でも他社に時々あるような無駄な厚みがないです。そのため、冷凍庫に収まりやすかったです!

かおり
かおり

それではリセルデリカについて1食ずつ口コミしていきますね。

「グラスフェッドビーフのハンバーグ」の口コミ

リセルデリカ・グラスフェッドビーフのハンバーグ

リセルデリカ「グラスフェッドビーフのハンバーグ」
グラスフェッドビーフ100%使用!

469kcal
たんぱく質 35.8g
脂質 18.3g
炭水化物 46.7g
塩分 2.26g
内容量436g

リセルデリカ・グラスフェッドビーフのハンバーグ加熱前

リセルデリカは自分の好きなメニューを選んで注文します。

私が真っ先に「コレ!」と決めたのが、この「グラスフェッドビーフのハンバーグ」。

「グラスフェッドビーフ」とは?

グラスフェッドビーフとは、栄養価の高い牧草を食べて育った、別名「パスチャーフェッドビーフ」のこと(グラスは「草」、パスチャーは「牧草地」)。健康に気遣う人たちの間で、近年注目を浴びている。

日本で一般的に流通している牛肉は「グレインフェッドビーフ」(グレインは「穀物」のこと)。基本的に、畜舎で人工的に配合された穀物を与えて飼育された牛のことを指す。

これに対し、グラスフェッドビーフは放牧が基本。牛たちは牧草地を動き回って餌を探すため、運動量が多く、畜舎で育つグレインフェッドビーフよりも引き締まった体になる。その結果、脂肪が少なく、引き締まった赤身肉を提供してくれる。

また、遺伝子組換え肥料や成長ホルモン剤、抗生物質などを使用せずに育てられるため、肉質が良い

グラスフェッドビーフはニュージーランドやオーストラリアで広まりつつある飼育法だそうで、今回の牛肉もオーストラリア産です。リセルデリカでは豚肉や鶏肉は国産が多いですが、牛肉に限ってはあえてオーストラリア産のグラスフェッドビーフを選んでいるのですね。

このリセルデリカのハンバーグは、オーストラリア産グラスフェッドビーフ100%使用です。合いびき肉ではありません!

リセルデリカ・グラスフェッドビーフのハンバーグ

さて、グラスフェッドビーフの前置きが長くなりました (^^;

リセルデリカ・グラスフェッドビーフのハンバーグ

ハンバーグを半分に切ってみるとこんな感じ。肉厚でおいしそう!

リセルデリカ・グラスフェッドビーフのハンバーグ

ちなみに、つなぎにパン粉や化学調味料は使用されていません。肉の素材だけで勝負しています。

食べてみると…肉々しくて美味しい!!脂っこさがなく、嚙む毎に肉の旨味が口に広がります。

肉厚で、大きいので食べ応えもバッチリ!しめじと玉ねぎたっぷりのソースも赤ワインの風味が聞いていて、美味しい!

低糖質玄米は、まずたっぷり入っているのに驚きました。低糖質ダイエットというと、まずはお米を減らすことに必死になりがちですが、「こんなにたくさん食べていいの~~!!」とお米好きな私には嬉しい!

リセルデリカ低糖質玄米

食べてみると、玄米は普通においしい!!モチモチしています。

冷凍宅配弁当で使われている主食といえば、他社のものだと今まで「大豆ライス」「カリフラワーライス」など、私は食べたことがあります。それらに比べると、このリセルデリカの低糖質玄米は何倍も美味しい。というか、ほぼ白米並みの美味しさです!

玄米が苦手な人も、これならきっと大丈夫なんじゃないでしょうか。

リセルデリカさんに美味しさの秘密を問い合わせてみたところ、東洋ライスが特許を取得している「ロウカット玄米」を使用しているのだそう。

「ロウカット玄米」とは?

玄米表面の防水性の高い「ロウ層」をカットしているため、水分を多く含ませることができる。そのため、通常の玄米よりも炊き上がり量が多くなり、その分糖質を抑えることができる。また、ロウ層のカットにより、玄米の豊富な栄養成分はほぼそのままなのに、白ごはんのようにおいしく食べられるメリットがある。

ちなみにこの低糖質玄米は、白米と比べて糖質約32%カット、カロリー約30%オフだそう。

リセルデリカの冷凍弁当にはご飯なしの「Just プラスプラン」もありますが、ご飯を食べたい人は、ぜひJust プラン(低糖質玄米つき)をお試しください!

なお、付け合わせの赤キャベツ・人参・赤ピーマン・黄ピーマンはちょっと酸味のあるさっぱりした味付け。シャキシャキ食感なのでよく噛むことになり、食べ応えをアップしてくれます。見た目にもあざやか。

リセルデリカ野菜の付け合わせ

また、もう一つのつけあわせは、カレー味のミックスビーンズと玉ねぎの和え物。ピリ辛でよいアクセントになっていました。

リセルデリカひよこ豆の付け合わせ

1食目は弁当容器のままで頂きました。これが一番ラク!

食べ終わって、お腹一杯になりました。玄米の主食付きであることも手伝って、すごい食べ応えがある内容です。

リセルデリカのお弁当には糖質が何gかは書かれていません。でも主食を入れて炭水化物がわずかに 46.7gですから、糖質もかなり低いはず。びっくりです!

公式サイトはこちら

「鮭ときのこのレモンバタークリーム」の口コミ

リセルデリカ・鮭ときのこのレモンバタークリーム

リセルデリカ「鮭ときのこのレモンバタークリーム」
グラスフェッドバター使用!

502kcal
たんぱく質 22.3g
脂質 29.1g
炭水化物 43.3g
塩分 1.89g
内容量 313g

リセルデリカ・鮭ときのこのレモンバタークリーム

せっかくの高品質な宅配食なので、今回はお皿に盛りつけてみました。我が家でガッツリ食べたいときに使う、大きなお皿(直径23cm)を使いました。

リセルデリカ・鮭ときのこのレモンバタークリーム盛り付け

大きなお皿なのに、スカスカになったりしません。リセルデリカは内容量が多いことが分かります。

さて、今回の鮭にかかっている「レモンバタークリーム」では、グラスフェッドバターが使われているのだそう。グラスフェッドビーフは放牧され、牧草を食べて育った牛ですが、グラスフェッドバターはそういう牛のミルクを原材料として作られたバターのこと。希少で価格も高いです。

「グラスフェッドバター」のメリットは?

「不飽和脂肪酸」や、そのうちの1つ「共役リノール酸」が豊富で、体内の脂肪を分解・燃焼し、脂肪の蓄積を防いでくれる。また抗酸化作用もあるので、アンチエイジング効果も期待できる。

リセルデリカの強みは低糖質なことだけではありません。グラスフェッドバターなどの上質な脂質を使うことで体内の脂肪を燃焼させ、健康的にダイエットやボディメイクができるように作られているんですね!

というわけで、貴重なグラスフェッドバターを無駄にしたくなくて、盛り付けたあとに容器に残ったソースだけをまず味見してみました。

リセルデリカ・鮭ときのこのレモンバタークリームソース

なんというか、まろやかな味。おいしい!もちろん鮭の香りもついているのだけど、レモンが利いているせいか、まったく臭みがありません。

で、肝心の鮭の方ですが、皆さんに伝わりやすいように玉ねぎ・エリンギ・ぶなしめじたっぷり入りのクリームをよけてみました。

リセルデリカ・鮭ときのこのレモンバタークリームソース

お上品に一口大に切られた鮭が7切れほど入っていました。肉厚です!

食べてみると、脂がのっていて、おいしい!ふんわり柔らかです!

考えてみると、鮭自体も抗酸化作用の高い食材なんですよね。それに脂肪燃焼&抗酸化作用があるグラスフェッドバターが使われているのですから、「鬼に金棒」的な最強メニューと言えそう!

グラスフェッドバターが使われたクリームソースは、ふくよかな味でおいしい!なによりも、脂肪を燃焼してくれるというありがたいバターが使われているのが嬉しいですね。

低糖質玄米はこれで2回目。写真を撮っているうちにすっかり冷めてしまったのですが、冷めてもおいしい。嚙むごとに甘味が増してくる感じです。これも絶対試してほしい!

リセルデリカ低糖質玄米

付け合わせは1食目と同じです。まろやかな鮭に対して、酸味の利いた赤キャベツやピリ辛のビーンズがよいアクセントになっていて、とても満足のいくお弁当でした。

リセルデリカ付け合わせ野菜
リセルデリカ付け合わせビーンズ
お試しはこちらから

「グリーンカレー」の口コミ

リセルデリカ・グリーンカレー

リセルデリカ「グリーンカレー」

425kcal
たんぱく質 16.25g
脂質 21.55g
炭水化物 42.8g
塩分 1.57g
エリスリトール3.55g含む(※)
内容量 366g

※「エリスリトール」はカロリーゼロの天然甘味料。栄養表示的には炭水化物(糖質)に含まれるが、吸収されずに排出されるので、実質的に糖質ゼロと言える。

リセルデリカ・グリーンカレー

このグリーンカレーも、とっても楽しみにしていたお弁当。

だって普通はカレーといえば、ご飯はあるし、小麦粉使うし、糖質の固まりみたいな食事じゃないですか?糖質制限していたら絶対食べられないやつ。

でもリセルデリカには堂々とメニューに入っていたので、是非試したかった!!

電子レンジで加熱したら、グリーンカレー独特の本格的な香りが漂ってきました。

器によそってみました。カレーというだけあって、スープもいっぱい。

リセルデリカ・タイカレー

グリーンカレーは、パクチーとココナッツミルクの良い香り!おしゃれなエスニックカフェでいただくような、本格的なお味です。

リセルデリカ・タイカレー

このグリーンカレーは、なんとペーストから手作りしているのだそう!だから余計な添加物などはいらずに、素材そのもののおいしい味が活きているのですね。

鶏肉(国産)は柔らか!グリーンカレーのソースがよく染みています。ちょっとスパイシーで風味豊かです。たけのこといんげんは柔らかすぎず、良い食感が残っています。ナスは噛むと口にジュワ~とグリーンカレーのソースが広がります。

このままいただいてもおいしいのだけれど、玄米ご飯にかけてみました。

リセルデリカ・タイカレー

リセルデリカの低糖質玄米はこのままでもおいしいのですが、グリーンカレーをかけることで、しっとりして、またこれも美味!

付け合わせの卵焼きはお出汁がしみていて、やわらかでとてもおいしかった!エスニック調のカレーに和の味がプラスされて、ちょっと不思議な組み合わせなのだけれど、ほっとする感じ。

リセルデリカ付け合わせの卵焼きと白菜の和え物

油揚げと白菜の和え物も出汁がよく利いて、味が染みていて美味。化学調味料を使わなくても、こんなにおいしくできるんだな~と嬉しくなる味でした。

お試しはこちらから

「鯖の塩焼きネギだれかけ」口コミ

リセルデリカ鯖の塩焼きネギだれがけ

リセルデリカ「鯖の塩焼きネギだれがけ」

596kcal
たんぱく質 30.2g
脂質 39.8g
炭水化物 37.9g
塩分 2.51g
エリスリトール2.25g含む(※)
内容量 372g

※「エリスリトール」はカロリーゼロの天然甘味料。栄養表示的には炭水化物(糖質)に含まれるが、吸収されずに排出されるので、実質的に糖質ゼロと言える。

リセルデリカ・鯖の塩焼きネギだれかけ

リセルデリカ4食目は和食メニュー。和食風にお皿に盛りつけてみました。リセルデリカはおしゃれなメニューばかりですが、和食もしっかりありますよ!

リセルデリカ鯖の塩焼き盛り付け

鯖にはたっぷりネギだれがかかっています。最初にネギだれだけを味見してみたところ、酸味が利いていて、とてもさっぱり!

リセルデリカ鯖の塩焼き

鯖は肉厚!厚みが分かるように並べ替えてみたところ、こんな具合です。

リセルデリカ鯖の塩焼き

ただの塩焼きは我が家ではよく食べるのですが、こちらはネギだれがかかっていて、ワンランクもツーランクも上のおしゃれな味!ネギだれのお陰で鯖特有の臭みなどなく、とても食べやすい味でした。魚嫌いな人もきっと食べやすく感じるんじゃないかなと思いました。脂がのっていて、柔らかで、美味しかったです。

玄米はご飯茶碗によそってみました。我が家でいつも使う中サイズの茶碗に3分の2程度でした。測ってみたら、ちょうど90gでした。

リセルデリカ玄米

糖質制限食なので「大盛一杯」というわけにはいきませんが、「糖質制限をしっかりしつつ、でもご飯も食べたい!」という人には、満足のいく量だと思います。

鯖がしっかりした濃い味付けなので、普段よりもいっそう玄米の甘味が感じられるような気がしました。

付け合わせは赤ピーマン、黄ピーマン、ズッキーニのラタトゥイユ風の一品。主菜のネギだれの味が濃いので、この副菜のさっぱりしたトマトソースとよいバランスがとれていると感じました。私はラタトゥイユは大好きなので、もっとたくさん食べられたらなおいいのにな…という感じ。

リセルデリカ付け合わせ野菜

もう1つの付け合わせの卵焼きは、いつもと違って細かく切った人参入り。相変わらずお出汁がたっぷり染みていて、優しいまろやかな味でした。

リセルデリカ付け合わせ卵焼
お試しはこちらから

「鶏もも肉の黒酢あんかけ」口コミ

リセルデリカ鶏もも肉の黒酢あんかけ

リセルデリカ「鶏もも肉の黒酢あんかけ」

527kcal
たんぱく質 28.8g
脂質 27.7g
炭水化物 51.4g
塩分 2.47g
エリスリトール11.25g含む(※)
内容量 374g

※「エリスリトール」はカロリーゼロの天然甘味料。栄養表示的には炭水化物(糖質)に含まれるが、吸収されずに排出されるので、実質的に糖質ゼロと言える。

リセルデリカ鶏もも肉の黒酢あんかけ

リセルデリカの最後のお弁当も、ワンプレートに盛り付けてみました。

リセルデリカ鶏もも肉の黒酢あんかけ

この黒酢あんdかけには国産鶏もも肉が使われています。鶏肉はどう見ても唐揚げに見えますよね。でも、なんと油で揚げていないのだそう!びっくりです。

リセルデリカ鶏もも肉の黒酢あんかけ

食べてみたら、やっぱり唐揚げの食感。周りはサクサクしていて、中はしっとり柔らかです。揚げ物を食べている時と同じ満足感です!

黒酢がさっぱり、でもマイルドで、とてもおいしい!上にのせられた白髪ねぎとパプリカが高級感をアップさせています。

大き目に切られたものが5切れ入っていて、分量的にも食べ応えがあって嬉しいお弁当になっていました。

付け合わせの青梗菜とかぶの和え物は出汁がよく染みこんでいて、これも美味しかった。メインの鶏もも肉の甘酢あんと良いバランスが取れていました。

リセルデリカ野菜のつけ合わせ

卵焼きはまたお出汁が利いていて、やさしい甘みでおいしい。前に食べたのと全く同じですが、また食べられて嬉しいという感じ。

リセルデリカ付け合わせ卵焼き
お試しはこちらから

リセルデリカの口コミ まとめ

かおり
かおり

リセルデリカ(ReCell Delica)お試し5食を食べてみて、分かったことをまとめますね。

メリット

リセルデリカは美味しいです!

リセルデリカの宅配弁当は、フレンチ、イタリアン、中華、和食など様々なお店での経験豊富なシェフが開発に関わっているのだそう。

おそらくそのためなのでしょう。冷凍宅配弁当では時々「ハズレ」なおかずに遭遇することがありますが、リセルデリカではそういうことが全くありませんでした!

メリット

リセルデリカは、高品質な脂質や食材を使用しています。

例えばグラスフェッドバターで脂肪燃焼をサポートしてくれたり、グラスフェッドビーフによって脂肪の少ない上質な赤身肉を提供して、健康的にダイエットやボディメイクができるようになっています。

メリット 3

リセルデリカは化学調味料や着色料・保存料無添加です。

添加物には健康上のリスクがあることが懸念されます。その点、リセルデリカの宅配食なら安心して食べることができます。

また添加物が使われていないおかげで、素材本来の美味しさを味わうことができます。

メリット 4

リセルデリカには主食(玄米)付きの「Justプラン」があります。

低糖質な玄米つきの「Justプラン」なら、糖質制限中でも、主食を我慢せずに食べることができます。しかも使われている玄米は、白米と比較して糖質約32%カット、カロリー約30%オフなのに、白米並みに美味しいです!

メリット 5

リセルデリカの「Just Plusプラン」では、MCTオイルを摂ることができます。

MCTオイルには脂肪を燃焼しやすい体質に変える働きがあるので、ダイエットやボディメイクの助けになります。

このようにリセルデリカの糖質制限宅配弁当にはメリットがたくさん!

ただ気になるのはお値段!ちょっと高めです。最初に紹介した通り、次のようになっています:

リセルデリカ お試し価格(税込/送料別)

プランお試し5食お試し10食
Just プラン
低糖質玄米つき
5,346円
(1食1,069円)
10,152円
(1食1,015円)
Just Plus プラン
MCTオイル使用
5,832円
(1食1,166円)
11,124円
(1食1,112円)

でも多少高くても、本当に身体によいもの、ダイエットやボディメイクに効果的なもの、美味しい糖質制限食を食べたいという方には、すごくおすすめの冷凍宅配弁当だと思います。

なお、「少しでもより安く!」という方は、定期購入を選ぶと割安になります。しかも定期購入の場合初回注文が20%OFFと、かなりお得になりますよ。

リセルデリカ 定期購入価格(税込/送料別)

プラン5食10食
Just プラン
低糖質玄米つき
初回 4,104円
(1食820円)


2回目以降5,130円
(1食1,026円)
初回 7,776円
(1食777円)


2回目以降9,720円
(1食972円)
Just Plusプラン
MCTオイル使用
初回 4,493円
(1食898円)


2回目以降5,616円
(1食1,123円)
初回 8,554円
(1食855円)


2回目以降10,692円
(1食1,069円)
お試しはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました